『家なき子になって分かった事 その. 1』

小学校の時に観ていた安達祐実のドラマ。「家なき子」、まさか34歳で転落するとは思ってなかった。

この絶頂期?? に自分がどう思ったか忘れない為にもメモを晒そうと思う。

1)人に会うのが恥ずかしくなる。
2)自信が無くなる(自尊心の欠如)。
3)再起を図ろうとするが空回りする。
4)Wifi と電源がある所を探す。
5)不必要に知り合いに連絡を取ろうとするが、メールの途中でやめる。
6)自分のやってきた事が「無」と感じる。
7)衣食住が成り立たないので、不規則な生活になる。睡眠が浅い。
8)ホームレスの人の気持ちが分かった。
9)落ちるととことん落ちる。
10)下を向いて歩くようになる。
11)時間が意外にもたくさんあると分かる。
12)時間感覚と曜日が無くなる。
13)卑屈になる。
14)投げやりになる。
15)ちょっとした事で、精神的ダメージを受ける。
16)計画性が無くなる。
17)人の温かさが分かるようになる。
18)毎日、ご飯を食べて仕事をする事がどれだけ大切か身に染みる。
19)海が見たくなる。
20)犬に会いたくなる。
21)本を読む時間が増えて知恵だけは身に付いてく。
22)世の中、頭を使えば寝る場所が確保出来る。シェアカーの中、ホステルのソファー、図書館など。
23)職員に顔を覚えられる。
24)トイレに居る時間が長くなる。
25)毎日、育ててくれた立派な両親に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
26)将来の不安とか麻痺する。
27)どこでも寝れるようになる。
28)不必要な物は捨てる。
29)何が自分にとって大切なのか明確になる。
30)精一杯やった結果だから、しょうがない。
31)くだらん見栄やプライドはスキポール空港のトイレに全部捨てた。

*シェアカーはホテルになる。
*ホステルの猫。癒されたわ。

スキポール空港で半泣きで悪友に苦しくなって電話をした。

「お前、何に固執してるの?帰ってくれば?」とさらりと言われ「俺にも背負うものがあるんだ…」と感情的に言ったら、「借金だけだろw」と言われた。涙が止まり、ぐうの音も出なかった…

あと追加で「お前、今凹んでるけど生活が普通になったら反省した事忘れるだろうと…」

もう一人の悪友には「あっちゃん、生きてて良かったね」と。いつも通りだ。

だが多少のトラブルは耐える事が出来る!俺はどんな状況でも今がベストと思っている。2020年はアフリカ、エジプト、西アメリカに行く。

まだ34歳。

30代後半戦はお金の安定化とアフリカ。

同情するなら仕事くれ!

次回のタイトルは『家なき子になって分かった事 その. 2』 『救世主たち』です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中